トップ > ブログ一覧 > ② 太平洋岸からアンデスを越えアマゾン川源流までの旅(写真)

2016-03-15

② 太平洋岸からアンデスを越えアマゾン川源流までの旅(写真)

「太平洋岸からアンデスを越えアマゾン川源流までの旅 ①」で書いた旅のスタートから1週間の移り行く景観を写真で紹介します。
《文化、歴史、そして、私の得意な動植物の話題などは、乞うご期待ということで、まだまだ後になります。》
リマからバスで北へ約430㎞移動した漁港・チンボテ(Chimbote)からマウンテンバイクの旅がスタートします。
今回は、下記の「前半の前半」辿った経路を紹介します。
Chimbote⇒RioSanta⇒Canon del Pato⇒Huarca⇒Llanganuco⇒Yanama⇒Pupash⇒Chacas⇒PuntaOlimpica⇒Shilla(Huarazへ)
では、ほんの少しだけの写真ですが、参考になれば幸です。

Lima⇒Chimbote
                                      (ここからが、旅のスタートです)
 

RioSanta⇒Canon del Pato
                          (乾いたネグラ山群に圧倒されました)
 

Huarca⇒Llanganuco

(いよいよワスカランが見えてきました/あのブランカ山群を何回か越えます)


(ネグラ山群が遥か向うに小さく見えています)


(何年か前に、高所順応で辿った氷河を抱えた山が懐かしかった。)

         (いよいよアマゾン川への分水嶺へ向かいます)



Yanama⇒Pupash⇒Chacas

(長い長いダートの道が続きます)





PuntaOlimpica⇒Shilla
(私と同じ日本登攀クラブOBのタマチャン/まだ、余裕です)




(一旦、ブランカ山群を越えてワラスへの長い道。この下りは、気持ちよかった~)


(Shillaは、下って行く途中の村ですが、音楽が好きな人たちに励まされました)


スタートしたばかりの景観です。この先は、まだまだ長い。